グルコサミンについて

関節痛は主に加齢が原因で発生する関節の痛みですが、「年をとったからしかたない・・・」と諦める必要はありません。
関節痛を緩和、対策することが出来ます。

 

その方法とは、「グルコサミン」の摂取です。
近年はグルコサミンという成分名を耳にすることが増えたように思えます。
テレビでもインパクトあるCMが放送されていますから、子供でも「聞いたことある」と答えそうなほどポピュラーになっています。

 

しかし、グルコサミンという成分の詳細まで知っている方は少ないかもしれません。

 

グルコサミンとは、軟骨の主成分のことです。
軟骨以外にも、全身のいたるところに存在しています。

 

ちなみに、軟骨はいくつもの成分で構成されています。
グルコサミンの他には、コラーゲンやコンドロイチン(硫酸)で軟骨が作られています。

 

軟骨は関節のクッションとして働いています。
軟骨がないと関節を動かした時に骨同士が擦ることで痛みを感じてしまいます。
その痛みを防ぐために軟骨が存在します。

 

軟骨を作る成分は体内で作られていますが、年齢を重ねるに連れてグルコサミンやコラーゲンの生成量は減少してしまいます。

 

つまり、加齢によって起こる関節痛は軟骨がすり減っていることが根本的な原因です。

 

この仕組みから、グルコサミンやコラーゲン、コンドロイチンを積極的に摂取することが、軟骨を強化し関節痛を対策することに結びつくと考えられます。
そのため、グルコサミン配合サプリの数が増え、利用者も増えています。

 

グルコサミンは食事からほとんど摂れない成分なのでサプリメントが効率的に成分を摂取する方法ですが、サポート成分は食事からも摂れます。
コラーゲンなら豚足やフカヒレ、コンドロイチンは納豆に含まれています。
ちなみにグルコサミンは甲殻類の”殻”に含まれているので、食事からの摂取は難しいと言われています。