グルコサミンと加齢の関係性(1)

肘や膝など関節の痛みは主に加齢が原因と言われています。
根本的な原因はグルコサミンの減少と言われています。
この二つの原因には関連性があります。

 

グルコサミンは体内で生成される成分ですが、年齢が重ねるに連れて減少していきます。
つまり、年齢を重ねるとグルコサミン量が減るために関節に痛みが生じてしまうという仕組みです。

 

ちなみにグルコサミンの生成量がピークを迎えるのは、生まれた時です。
そこから少しずつ、減っていってしまいます。
20代では半分に、50代になると生成量は1/5まで減少してしまいます。

 

そのまま放置していると減少するだけで増えることはありません。
ここでいかにグルコサミンを摂取して補うかが、重要と考えられます。
軟骨を作る成分はグルコサミンに限らず、コンドロイチンやコラーゲンも入ります。

 

グルコサミンと一緒に、コンドロイチンやコラーゲンを摂取することで軟骨を強くし、関節の痛みを和らげたり関節痛を予防することにつながります。